(続)レミオロメンゆかりの地を巡る旅 Spot2

■金比羅大権現

登山道を抜けた正面には建造物(鶏舎跡)と林道に突き当たります。
ここを右折して登っていきますと、目の前に鳥居が見えてきます。

金比羅大権現1

鳥居〜宿坊跡
実は、登山道を登らなくても、この林道を使うと車で登ってくることができるのですが、それだとレミオロメンメンバーが松明を持って登ったことを体感できません!
ファンであれば登山ルートを選択しましょうね。
鳥居に到着です。左の小屋の看板には「金比羅大権現」と書かれています。
何となく「朽ち果てたトタン屋根 バタバタ鳴った〜♪」って「蒼の世界」の歌詞を思い出してしまいますね。

金比羅大権現2

鳥居をくぐると右側には宿坊の跡があります。
数年前まで神主さんが住まわれていた様ですが、現在は年間数回使用されるのみとなっているとのことです。

金比羅大権現3

金比羅の湯という看板があります。ここがお風呂だったのでしょう。

金比羅大権現4

周辺には小さな池や竹林もあり、ノスタルジックな気分に浸りながら先に進むと左右に登山道が分かれていますが、ここを右折します。

>>次ページ 金比羅神社 ||4|

このスポット周辺の地図


履歴

2007年03月09日
RemioBrothers開設