レミオロメンゆかりの地を巡る旅5

■このツアーにあたり

レミオロメンゆかりの地を巡る旅の初夏限定ドライブツアーです。

■事前準備

山梨をゆっくりと堪能するためには宿泊が必要です。こちらで宿泊場所をチェックして手配しましょう。
ツアー時期は5月下旬から6月初旬の10日程度ですので、訪れる時期を逃さない様に、こちらの超お奨めホームページをご覧になって開花情報を仕入れてください。
ハーベストホームさんのすずらんの開花情報です。(いつもお世話になってます!)
すずらんの開花状況を日々チェックしておきましょう!
そしてハーベストホームさんに秘密兵器登場!何と30分毎に新道峠からの富士山ビューを見ることができるというモノ!素晴らしいです!
このツアーはぜひスニーカーを身に付けてください。

■出発地

御坂中です。

■目的地

・すずらん群生地 国内有数のすずらんの群生地!
新道峠 レミオロメンがお奨めする景勝スポット

■順路

御坂中をスタートして、ほぼ御坂中の競歩大会と同じルートで芦川町へ、すずらん群生地ですずらんを見ながら森林浴、そして新道峠で絶景の富士山を望みます。このコースは車で巡ります。
もちろん、御坂中競歩大会のように徒歩で巡っても良いのですが、さすがにすずらん群生地と新道峠まではキツイです(笑)
 御坂中からすずらん群生地まで30分 約18.0km
 すずらん群生地から新道峠まで10分 約2.0km
ルート(約3時間の半日ドライヴコース)

このツアーはドライヴコースですが、すずらん群生地では遊歩道を新道峠では登山道を歩きますのでスニーカーを準備して訪れてください。

■スタート地点はおなじみ御坂中

御坂中競歩大会はグラウンドからスタートします。(もちろん立ち入らないように!)
そして、RemioTour1と同じルートで一路芦川を目指します。
この道を中学生のレミオメンバーは走ったんです。
途中で聖地「埋草神社」に寄って、この旅の無事を祈願しても良いでしょう(笑)

御坂中正門

■第一目的地すずらん群生地

鳥坂峠(鳥坂トンネル)を越えて下っていくとこんな交差点があります。すずらん群生地は標識に大きく書いてあるので標識通りに進めば迷うことはありません。

すずらん群生地10

駐車場は群生地の上にある駐車場の方が広いし、新道峠へのアクセスも便利です。
すずらん群生地の駐車場にあるすずらん群生地の案内図、ここから下るとそこは緑に囲まれた素晴らしい森林の世界!
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地6

群生地に一歩足を踏み入れると、綺麗に整備された遊歩道が広がります。
白樺林の間を歩くと気持ち良いんです!
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地7

白樺林の中の看板です。雰囲気の良い場所でしょ?
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地3

お待たせしました。すずらんです!これはまだ少し蕾の状態。すずらん祭りが開催される25日くらいからが見頃かも?(でも混雑するので週明け(28日)以降がお奨めです。)
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地5

ほとんど蕾の状態ですが、しっかりと開花したすずらんも見つけましたよ!
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地1

もう一つ開花したすずらんです。
(2007年5月22日撮影)

すずらん群生地4

そして、錨草(イカリソウ)もたくさん咲いていました。珍しい形でしょ?錨(イカリ)に似てるから錨草(イカリソウ)だそうです。
(2007年5月22日撮影)

イカリソウ

こんな花も!紅花一薬草(ベニバナイチヤクソウ)って言うんだそうです。
(2007年5月22日撮影)

ベニバナイチヤクソウ

■第ニ目的地新道峠

新道峠はレミオスポット「新道峠」を参照してください。
実はすずらん群生地を見た後に新道峠に行ったのですが、富士山が雲に隠れて良い写真が撮れませんでした。写真は昨年ので我慢してくださいね。

新道峠5

このスポット周辺の地図


履歴

2007年03月09日
RemioBrothers開設